バカラ攻略のコツ、リアル体験から学ぶ実践で使える戦略!!

[記事公開日]2017/01/21[初心者向け攻略ガイド]
[最終更新日]2017/08/19

誰もが一度はハマってしまうバカラ。
丁半博打という単純なゲーム性にもかかわらず、その魅力を味わってしまうと毎日のように絞ってしまいますよね…。
大勝ち大負けを経験してきた筆者が少しでも勝率をあげるような戦略・コツをまとめてみました。

バカラ攻略はない!?

攻略法は存在しない


バカラの攻略法を検索してしまったアナタ…。
申し訳ございませんが、そんなものは絶対に存在しないと断言して良いでしょう。
一時うまくいって勘違いする事もありますが、システムベッティング等も気休めでしかありません。




基本的に勝てないゲーム

ブラックジャックのカウンティングのように技術介入要素が皆無であること、ハウスエッジを見ると分かりますが基本的には勝てないゲームです。

もちろん大勝ちする時もありますが、悲しいかなこれが現実ですね。
ほとんどの人がこの現実を知っていると思いますが、それにもかかわらず破産寸前まで追い詰められた人も少なくありません。

大王製紙_バカラ


代表例がこの人ですね…。
最高学府の東大 → 大王製紙社長という輝かしい経歴からの転落、その原因はこのバカラでした。
誰もが使った事のあるティッシュペーパーのエリエール、生涯で使用するであろう鼻紙の枚数よりも現金を溶かしてしまいました(汗)
その総額はなんと100億…。

その時私の目の前には20億円のチップが積まれていた…。
興味のある方は一度読んで見ると面白いかもしれません。




バカラ戦略のコツ

Baccarat_tipstricks


いきなりバカラのマイナス的な面から書いてしまったので驚いた方も多いかもしれません。
ただ事実を認識しておくことは非常に大切ですからね。

攻略法はないけどそれでも戦略・コツ的なものはあります。
私が実践しているものをいくつかまとめてみたいとおもいます。




罫線に見る戦略

バカラの罫線(出目表)はあくまでも結果論にすぎないものなのですがこれがバカラの最大の魅力だと思います。
確率1/2ゲームなのにもかかわらず、予想外の罫線になることが非常に面白いところです。
バカラがつまらないという方のほとんどがこの罫線を意識しないでベットしてる方だと思いますが、この罫線を予想することでもっと楽しめるでしょう。

大事な事なのでもう一度いいますが、確率は常に1/2でつまり結果論です。
ただ適当にどちらか選ぶよりは、この罫線がツボにハマッタ時の破壊力はそれなりのものですよ。




縦ツラ狙い(連勝狙い)

バカラ_連狙い


連勝狙いを狙います。単に”ツラ”と言う事の方が多いかもしれません。
体感的にもこれが一番大勝ち出来る罫線でしょうか。
余計な事を考える必要もないのもメンタル的に楽ですね。
始めからのるのは難しいので、波が来たと思ったら乗り続けましょう。
ここでベット額を増加する勇気を持てば面白い程勝てる事も少なくありません。

個人的にはこれが一番好きです。
お祭り騒ぎ(逆を貼り続けている人はお通夜)になりますよ。
18連勝ぐらいは数回経験あります。




横ツラ(テンコ)狙い

バカラ_テンコ


交互に狙う方法です。
これもよくあるパターンです。
横ツラとも言いますね。




ニコイチ(ニコニコ)

バカラ_ニコイチ


2・1・2・1・2・1と規則的に並ぶのを狙う方法です。
画像を見ると、最後はバンカー側が連勝すると予測できますよね?




罫線がツボにハマッタ時の破壊力、ガチでかなり勝てた罫線

この日はゲーム開始からありえないような連敗と『6』で勝てない嫌な流れ…。
比較的不運が重なったにもかかわらず、前日の浮きもあったせいか冷静にプレイは出来ていたと思います。
勝率3割切っていたと思うが、オールインで一気に取り戻そうとせずに機を待っていた所に、、
ボロボロから1シューターで捲くった罫線を前半・中盤・終盤でまとめてみました。


■ 前半戦
勝てた罫線_バカラa


バンカー側は必ず単発で終わっていたので次ゲームは必ずプレイヤーにベット。
プレイヤーは必ず連していたので2連まではベット。(3連目は負けていたので厳し目にルック)
プレイヤー側2木目までは鉄板コースで、切れるまでほぼ負けなし。



■ 中盤戦
勝てた罫線_バカラb-1


プレイヤーが必ず連するというパターンは崩れたが相変わらずバンカーは連しない。
ここで流れを露骨に感じる、ああハマるパターンだなと。
いわゆるテンコパターンで鉄板。
テンコ切れまで負けなし。



■ 後半戦
勝てた罫線_バカラc-1


プレイヤーは4連目、バンカー側は3連目から縦ツラにのれた。(バンカー2連目はルック)
基本的に私は4連目からは、縦ツラに乗るようにしてる。(逆はって負けつづけると精神的にキツイので) ← オススメです。
バンカーツラが切れてヤメ。


負けたのは数回、後はほぼ勝ちという破壊力。
収支的にも巻き返しました。
ええ、結果論です…。

『欲張ると失敗する』とはよく言われますが、欲張りすぎると良い結果になることが多いですね^^;




どうせ負けるなら流れにそって負けよう

バカラ_テンコ勝ち


バカラを長時間プレイしていると、全く予想出来ないような逆引きばかりをする事が多々あります。
調子が良くても6連敗(1.5%程)は当たり前のように起こります。
ここで頭が沸騰してくるわけですが、ここで負けてパンクするのは非常に勿体無いです…。



流れは淀みをこえた、巡り合えた気がする、オレの死に場所
どうせ死ぬならこの流れに沿って死ぬ…。
死ねば助かるのに…。


漫画の名セリフですが、結構意識してしまっています(笑)
『流れ』という言葉を使って良いのかわかりませんが、どうせ負けるならなら本流の時に厚くベットしたいところですね。
自分なりの『貼り時』を見つけるとさらに面白い勝負が出来るかもしれません。




惰性ベットはしない、ルックを多用しよう

バカラルック


ルックというのは、そのゲームはベットしないで見ることです。
リアルだとベットしないでルックしてばかりいるとルックマンと呼ばれ煙たがられる傾向にありますが、オンラインカジノだと周りの目を気にせずに好きなだけルックすることが可能です。

上で書いた流れ(ツキ)がくるまでルックしても良いですし、罫線が自分好みになるまで待つのも一つの手です。以外と冷静になれるのでむしろやったほうが良いと思います。

どうせ1/2の確率なんだからといって惰性でベットして自分のペースを崩されないようにしましょう。




自信がある時はベット額をあげよう

baccarat_ベットを上げる


バカラで大勝ちするためには、ベット額の上げ下げもやはり大切だと思います。
フラットベットで回数をこなせば、大きく負ける事も少ないですが、大きく勝つ事も少ないです。
※理論上はコミッション分だけ負ける


ここでどのように予想しますか?
もちろんどちらの確率も1/2で全ては結果論ですがここに面白みを求めないとバカラゲームはつまらないものになってしまいます。

バカラ_罫線予想_1


まあ私はここでプレイヤー側が少なくとも一回は勝つと予想したんですが、ひよってベット額を少なくしてしまいました。
縦ツラにのれていたのにもかかわらずに…。

バカラ_罫線予想_2


予想通りプレイヤーの勝ち…。
余りうれしくないどころか、ここから調子は下降線…。
せめて勝ち分だけでもベットしていればまた違った結果になったと思います。


勝ちだしたらベット額を上げる、負けだしたらベットをあげないを意識するようにしたいです。
逆に負けてる人のほとんどが、この逆パターンをやっている人ではないでしょうか?




大負け・大敗しないための3か条

バカラ_おお負けしないために


ゲーム前には今日は落ち着いていくぞ!
なんて意気込んでいてもいざ始まってしまうと歯止めが利かなくなってしまうのがバカラだと思います。
ブラックジャックやルーレットよりも大負けの可能性がなぜか高いんですよね。
ただトランプを絞るだけの勝負だけにもかかわらずメンタル勝負みたいなもんではないでしょうか?


  1. プレイ時間 or 勝ち額 or 負け額を決める
  2. 一回のベット額の上限を決める
  3. 悪い流れを感じたら絶対ルック or テーブルを変える
  4. マーチンはしない(ベット上げるなら流れにのれている時)

他のゲームでは守れてもバカラだけは本当に難しいです。
なんど守れなかったか…。
こちらも抽象論ですが、調子の良い時は本当に勝てますし調子悪いときは駄目駄目な日が多いです。
リアルならともかくオンラインカジノならいつでも出来るので日を改めるのも一つの手ではないでしょうか?




リベートボーナスでハウスエッジを攻略

リベートボーナス


バカラをプレーする上で最重要なのがどこのカジノでプレーするかです。
ベットした金額の数パーセントをボーナスとして還元してくれるリベートボーナスを実装しているオンラインカジノでプレーするのが最も賢い選択です。
ベットした分だけしっかりと還元してくれるので、むしろバカラの勝負は五分五分の戦いでも浮きがでる事も多いんですよね。


▼リベートボーナスが貰えるエンパイアカジノ公式サイトはコチラ▼

本格的に長時間やるならばエンパイアカジノ以外にありえないと思います。
もしかしたらハウスエッジにも打ち勝てるかもしれません。
賭け損しない最適な環境で遊んで見てください。

「初心者向け攻略ガイド 」カテゴリの関連記事

このページの先頭へ