サイドベットシティ攻略ガイド、遊び方・ルール・ハンド確率を徹底解説!!

[記事公開日]2019/07/04[初心者向け攻略ガイド]
[最終更新日]2019/07/27

最も簡単なライブポーカーであるサイドベットシティ(Side Bet City)の遊び方・ルール・ハンド確率をまとめました。初心者の方、ソフトではなくライブで簡単なポーカーをしたい方は一度目を通しておくと良いかもしれません。

最も簡単なライブポーカーゲーム

ホールデム系のポーカーゲームは基本的にはディーラーとの手役の勝負になりますが、
サイドベットシティ(Side Bet City)は、配られたカードで配当役が出来ているかの有無だけで勝敗が決まります。
選択すらないので配られるカードを見ているだけになります。

サイドベットシティというゲーム名の通り、カジノホールデムのサイドベットであるBONUSベットやカードチェンジを行わないタイプのビデオポーカーに近いです。

ソフト(対CPU)は嫌だけどライブで簡単なポーカーをやりたいという方には良いかもしれません。




ゲームフロー(遊び方)

上の動画通りになりますが、基本的にはチップを置くだけです。
選択ミスで損することもない(完全に運のみ)ので、初心者の方も積極的遊んで見て下さい。
3ゲームもやれば誰でも理解出来るはずです。


1. まずは時間内に遊びたいカードの枚数の場所にチップを置きます。
始めに配られる3枚のカードだけで遊びたい人は3CardHAND、5枚のカードだけで遊びたい人は5CardHAND、7枚のカードだけで遊びたい人は7CardHANDにチップをそれぞれ置きます。
もちろん複数個所のベットも可能です。豚(役なし)にも賭けられます。



2. 3枚のカードが配られます。
3CardHANDにベットしていた場合、配当役があれば配当が受け取れます。
※画像は3cardの35倍



3. さらに2枚のカードが追加され、計5枚のカードが配られます。
5CardHANDにベットしていた場合、配当役があれば配当が受け取れます。
※画像は3cardの7倍



4. さらに2枚のカードが追加され、計7枚のカードが配られます。
7CardHANDにベットしていた場合、配当役があれば配当が受け取れます。また豚(手役なし)にベットしていた場合は、この7枚カードで決まります。
※画像は3cardの3倍



上記では分かりやすいように区切って説明していますが、7枚のカードまでほぼノンストップで配られます。
特にディーラーによる煽りもなくあっさりしています。




ベット方法(賭け方・種類)は4つ


これがサイドベットシティのベットする場所です。
計4か所あります。


・3Card HAND
・5Card HAND
・7Card HAND
・ALL LOSE

それぞれ楽しみ方や確率・配当、ハウスエッジも違うので一つ一つ詳しく説明していきたいと思います。
全く難しくないので一度読めば頭に入ると思います。




3Card HAND


始めの3枚で手役を狙うベット方法です。
この場所のみにベットしていた場合、後に配られるカード5枚目や7枚目で役が出来ても配当は受け取れません。
あくまで3枚のみでの手役になります。

ハウスエッジ (ペイアウト率)は、3.31% (96.69%)です。


【ハンド・配当・確率・ハンド例】

ハンド配当確率ハンド例
ロイヤルフラッシュ100:10.2172%
※合計
AQK
ストレートフラッシュ40:1234
スリーカード35:10.2353%KKK
ストレート5:13.2579%567
フラッシュ4:14.9593%246
ペア1:116.9412%QQ7



5Card HAND


始めの5枚で手役を狙うベット方法です。
この場所のみにベットしていた場合、最初に配られる3枚目や7枚目で役が出来ても配当は受け取れません。あくまで5枚のみでの手役になります。
配当は当然最強クラスですが、出現率は低いです。

ハウスエッジ (ペイアウト率)は、4.79% (95.21%)です。


【ハンド・配当・確率・ハンド例】

ハンド配当確率ハンド例
ロイヤルフラッシュ1000:10.000154%AKQJ10
ストレートフラッシュ250:10.00139%76543
フォーオブアカインド100:10.0240%KKKK2
フルハウス50:10.1441%77733
フラッシュ40:10.1965%A10643
ストレート25:10.3925%98765
スリーカード7:12.1128%JJJ65
ツーペア4:14.7539%1010JJ2
ペア(JJ以上)1:110.5642%QQ983



7Card HAND


7枚の全てのカードで手役を狙うベット方法です。
この場所のみにベットしていた場合、最初に配られる3枚目や5枚目で役が出来ても配当は受け取れません。
あくまで7枚のみでの手役になります。

ポーカーは5枚のカードでの役になりますので7枚から最適な5枚を選んで役を作ります。
なので、例えば同じフラッシュでも5Card HANDと7Card HANDでは全く配当が違います。
※7枚のカードから5枚で役を作る確率と5枚のカードで役を作る確率は当然違う

ハウスエッジ (ペイアウト率)は、5.66% (94.34%)です。


【ハンド・配当・確率・ハンド例】

ハンド配当確率ハンド例
ロイヤルフラッシュ500:10.0032%AKQJ10
ストレートフラッシュ100:10.0279%76543
フォーオブアカインド50:10.168%KKKK2
フルハウス7:12.60%77733
フラッシュ5:13.03%A10643
ストレート4:14.62%98765
スリーカード3:14.83%JJJ65



ALL LOSE


7枚全て配られた時に手役がない通称ブタの場合に配当が得られます。
配当は0.7:1です。
個人的に手役ありの3Card HAND等と背反事象なのでベットしない方が良いかもしれません。

ハウスエッジ (ペイアウト率)は、3.71% (96.29%)です。




各ベット種類のハウスエッジまとめ

サイドベットシティーのハウスエッジまとめです。
バカラ、ブラックジャック、ルーレット等と比較してしまうとかなり辛いです、
さらに体感だとこの数値より辛い印象があります。

勝ちに拘るなら正直おすすめはしませんね…。

賭け方ハウスエッジ (ペイアウト率)
3Card HAND ベット3.31% (96.69%)
5Card HAND ベット4.79% (95.21%)
7Card HAND ベット5.66% (94.34%)
ALL LOSE ベット3.71% (96.29%)



おすすめな賭け方


個人的におすすめなのが3Card HAND、5Card HAND、7Card HANDにベットする方法です。

ALL lose以外の全てにベットして、ベットした場所の役を複合的に取れると気分がいいですね。
※画像のように3枚でフラッシュ、5枚でフラッシュ、7枚でもフラッシュ
逆に1か所しかベットしていないとベット外のカード枚数で配当役がでるとかなり萎えるのは言うまでもありません。


実際に最も興奮したのがコレ…。

3枚でストフラ確定(40倍)、5枚目でロイヤル聴牌(1000倍)、おまけに7枚までのロイヤル聴牌(500倍)も確定…。
全て当たれば1540倍の超高配当だったのですが現実は甘くはなく、、って感じでした。

サイドベットシティーで遊ぶなら、このベット方法しか楽しめないのではないでしょうか。

「初心者向け攻略ガイド 」カテゴリの関連記事

このページの先頭へ